らーめんハウス王水
  • ホーム
  • おすすめメニュー
  • こだわり
  • 店舗

●行者にんにくとは
北海道と近畿以北の高原や深山に自生する多年草の一種で、山奥で厳しい修行をしていた行者達が荒行に耐える強壮薬として、香りがにんにくに似ていた草(行者にんにく)を食べたことから名づけられたと言われています。強いにんにく臭が特徴で、葉と茎の部分を食べます。

●幻の山菜と言われる理由
種が落ちて芽を出し収穫できるまでには、少なくとも3年〜4年はかかります。太くて上質な行者にんにくを収穫するには、5年〜7年も待たなければいけません。一度採ると次の年には細くなり、収穫できるまでにはさらに数年かかります。

●行者にんにくとスタミナ
わたしたちの疲労の1つにはビタミンB群の不足に
よります。B群が不足すると、エネルギー源になる
糖質が十分に燃えてくれないため、だるいなどの
症状がでてきます。そういう疲労回復に効果が
あるのが行者にんにくです。

王水のこだわりは、一杯への一途な想い…。

小麦粉はコシの強さを重視し蛋白質量の多い超高級中華麺用粉
「華鏡」を使用。かんすいもビタミンE、α、β、γを豊富に含んだ
内モンゴル産天然かんすいを使用。日本の工業かんすいと異
なりスープの味を悪くしません。

製品までの三度の熟成工程
@生地熟成(20分)
水和を目的とする熟成で、生地を寝かせて小麦粉と水を十分なじませます。
A麺帯熟成(60分)
緩和を目的とする熟成で、しばらく時間をとって休ませることにより、
グルテン組織の破壊を抑制します。
B製品熟成(3日間)
低温での寝かし(貯蔵)によってなめらかで弾力のある麺となります。

鶏ガラ 豚ゲンコツ 牛コツ たっぷりの野菜 最高級の昆布
素材の旨みを引き出すように長時間かけてじっくりじっくり炊き出します。
完成したスープは表面は金色の鶏油に覆われ上品に透き通っています。
さっぱりとしていてかつ旨みと甘みが凝縮した上品なスープです。

石巻市牡鹿町産の島豚(黒豚)を使用。島豚は肉質が柔らかく、脂の
口どけが非常に良く、上品な甘さが特徴です。

石巻市桃生町産のえごま豚を使用。えごま豚は肉質、脂質、香り、
軟らかさ、食味、すべてが上品。

石巻市桃生町の契約農家と一緒に新鮮で安全な有機野菜づくりのため、
現在土づくりから取り組み中です。